スポンサードサーチ Ver.3の新機能 | 元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術

スポンサードサーチ Ver.3の新機能

スポンサードサーチ Ver.3の新機能についてです

スポンサードサーチ Ver.3 機能が遂に明らかに!!

10/18に、
スポンサードサーチ Ver.3 機能一覧が正式に発表されていました。

それによると新しく追加される機能は、
以下の10個のようです。

■環境設定

▼スタートページ設定
管理ツールにログインした後のスタートページを各タブから選んで設定できます

■アカウント管理

▼アカウント一覧
アカウントの運用状況を一覧で確認できます

■キャンペーン管理

▼時間帯・曜日
15分単位での時間帯ターゲティング、曜日別の配信設定が行えます

▼広告掲載方式の指定
広告表示の方式を「検索のみ」または「検索を含む全ての広告掲載方式」に指定できます

▼キャンペーン一括設定
キャンペーンの設定を一括で行えます

▼品質インデックス
キーワードに対して10段階で品質を評価

■レポート

▼テンプレート作成・登録
テンプレートを作成し、登録しておくことで、簡単にご希望のレポートを抽出することができます

▼取引明細
過去36か月間分のアカウント取引明細を閲覧、ダウンロードできます

▼広告プレビューツール
インプレッションを発生させることなく、地域を指定して、広告がどのように表示されているのかを確認できます

▼操作履歴
広告管理ツール上で、いつ誰がどのような操作を行ったかの履歴を確認、ダウンロードできます

「時間帯・曜日設定」、
「広告掲載方式の指定」、
「広告プレビューツール」、

機能の追加は、いいですね!!!

これまでYahoo!リスティングは、
曜日別でのスケジュール配信を設定する機能がなかったために、
BtoB商材など、平日のみをターゲットにした広告出稿したい場合、
手動で切り替えるしか手段がありませんでした。

今後は、Google同様、
「土日だけ配信停止」などの設定ができるみたいです^^

しかも、15分単位ってのがすごい!!
アドワーズみたいに、時間帯や曜日によって、
更に上限単価の割合を変えれたら完璧ですが、
そこまで対応してくれるかどうか・・・。

また、
「広告掲載方式の指定」の追加も非常にいいですね!!

これまでYahoo!の提携媒体は、
お世辞にも優良とは呼べない媒体も多々あり、
新しい不正媒体が増える度に配信先を除外していかなければ、
無駄なクリックやインプレッションが増加し、CPAを増加させてしまう。
ということがありました。

しかも、
配信媒体の除外は、250件までという制限があったので、
すべての不要媒体を除外するといったことは不可能でした。

しかし、
この「広告掲載方式の指定」機能の追加のお陰で、
Yahoo!検索のみを設定することができるようになるみたいですので、
初めから提携媒体への露出を防ぐことができます。

これからリスティングを始めるという方や、
不正媒体に困っているという方、
予算が少なく、シビアなCPAでやりくりが必要、
といった方にとっては、非常にありがたい機能だと思えます。

ただし、
懸念点がひとつ。。。

今回の新機能の追加発表を同じくして、
提供を終了するものも発表されたのですが、
それによると、「配信対象外サイト」機能が終了するとのことです。

つまり、
「検索のみ」を指定していない場合は、
Yahoo!以外の媒体にも引き続き広告が出稿されることになりますが、
不正媒体があった場合、除外ができないΣ(゚д゚lll)ガーン

これは、ちょっと怖いですね・・・^^;

この機能は元々ベータ版での提供でしたので、
改めて本機能として追加されればいいのですが・・・。

もしくは、
いわゆるMFOと呼ばれる、
故意にクリックを誘導するようなポイントサイトなどの提携媒体については、
審査をきつめにし取り締まるようにしてもらわないと、

「検索を含む全ての広告掲載方式」によって、
より露出を増やしたいユーザーにとっては、
すごく嫌ですね。

いずれにしても、
今後は、Google同様、
「検索のみ」と、「検索を含む全ての広告掲載方式」を分けることができるので、

それぞれ、
「検索のみ」のキャンペーンと
「検索を含む全ての広告掲載方式」のキャンペーンなど、
キャンペーンを分けて管理するというのも、
ひとつの方法かなと思います。

それから、
「広告のプレビューツール」もありがたい機能です。

こちらも、Googleアドワーズにはすでにある機能なのですが、
これを使えば、確認の為に無駄にインプレッションを増やすことがなくなるので、
CTR(クリック率)が下がり品質が低下してしまう。
という事象を回避することができます。

また、地域を指定できるので、
どの地域でどういった競合がいるのか?の確認や、
地域ごとの順位確認などができるようになりました。

これまで、Yahoo!リスティングとGoogleアドワーズを比べると、
どうしてもYahoo!は使いづらいというか、
かゆいところに手が届かずもどかしいといったことがありましたが、

今回のVer.3へのアップグレードによって、
かなり使いやすくなりそうですね。

あとは、アドワーズのように、
ユーザーの声を反映させた、
新機能の追加などを定期的に行なっていってもらえればっといったところですね( ´ー`)

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術

この記事へのコメント

元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術 TOP » yahoo!リスティングver.3関連, リスティング広告について » スポンサードサーチ Ver.3の新機能