T&Dのクリック率を上げる為に知っておきたい5つの言葉 | 元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術

T&Dのクリック率を上げる為に知っておきたい5つの言葉

リスティング広告のクリック率を上げる魔法のような方法パート2

続・クリック率を上げる秘密の方法

こんにちは!
間違って前回の記事を削除してしまって超焦ったエマスケです^^;

ワードプレスの「リビジョン」機能がなかったら、
死んでました・・・orz

先日、
前に勤めていた会社の人から、
とある企業のアカウントを見て欲しいというお話がありました。

スポンサードサーチVer.3へ移行してからコンバージョンが激減しまい、
原因を探りたいとのことです。

許可を得てアカウントを見たところ、恐らく、
以前お話した辞書機能の変更による影響をモロに受けてしまったのだろうと思いました。
(他にもいくつか原因はありましたけど^^;)

解決策として、

旧アカウントから、
コンバージョンが獲得できていたキーワードをピックアップする。

ピックアップしたキーワード(登録キーワード)の、
検索クエリ(実際に検索されたキーワード)を、
Googleアナリティクスで確認。

そのキーワードを新アカウントに追加する。

というアドバイスをしました。

運用状況や現状など、
詳しく聞くことができなかったのですが、
これで若干は回復するでしょう。

他にも、Ver.3に移行したことで、
クリック単価が上がってしまったとのことでしたが、

これは、品質が一旦リセットされてしまったことで、
クリック単価が上がったようですね。

結果、
CPAも上がってしまったようです。

元同僚の話によれば、
Yahoo!のサポート窓口の方も、
まだまだ教育が行き届いてないみたいですね。

なんでも、サポートの方が、
「絞り込み部分一致」という言葉を知らないとか。。。(;´∀`)

Yahoo!側もVer.3移行でバタバタしていて、
体勢が整うまでは、まだしばらく時間がかかりそうです。

もうしばらく、スポンサードサーチVer.3による混乱は続きそうですね^^;


さて今日は、
リスティング広告のクリック率を上げる方法について、
前回に引き続き、お話します。

広告文(T&D)のクリック率を上げる方法として、
「限定」という言葉を使うといいというお話を前回しました。

↓前回の記事
クリック率を上げる秘密の方法

今回は、
「限定」という言葉以外で、
クリック率が上がるキーワードをいくつか紹介します。

「特別」

「限定」とちょっと似ていますが、
「特別」というキーワードも、
クリック率を上げる手段として有効です。

・「今だけ特別に◯◯円引き!」

・「今なら特別会員申込がなんと無料!」

など、
特別感を演出して、競合他社の広告と差別化を図りましょう!

「公式」

経験則ですが、「公式」というキーワードは、
間違い無いですね。

正規のお店であることを伝えることで、
広告に安心感をもたせることができます。

・「◯◯化粧品《公式サイト》」

など、記号と合わせて使うと良いでしょう。

「無料」

不況まっただ中ですので、
やはり価格系の訴求は効果抜群です!

特に”無料”という言葉は、
購入者に対してストレートに響きます。

・「送料無料」

・「2つ買えば1つ無料!」

など、”無料”という言葉が使えないかどうか、
探してみてください^^

類義語として、
「キャッシュバック」、「◯◯%オフ!」なんかもかなり使えます!

「老舗」

威光系の代表的なキーワードですね。
歴史がある企業や商品をPRしたい場合は、
是非使うことをお薦めします。

「老舗の味」や、
「老舗ならではの安心感」

など、これだけでかなりの差別化になります。

同じように、
「創業◯◯年」など歴史を感じさせるキーワードも、
ユーザーからの信頼感が増しますので、
是非使いたい言葉ですね。

「窓口」

意外と使えるのがコレ!!

例えば、

・「◯◯購入窓口」

・「◯◯申し込み窓口」

など、
“窓口”という言葉を使うだけで、
クリック率を上げることができます。

もし、
アフィリエイトやドロップシッピングなど、
自社製品ではない商品を出している場合でも効果的ですので、
是非使用してみてください^^

などなど、
他にもまだまだ沢山ありますが、
他のキーワードに関しては、
また別の機会に紹介したいと思います^^

リスティング広告の広告文(T&D)のクリック率を上げるコツは、
ユーザーに“動機づけ”をさせるという事です。

クリックする理由をこちらから与えてあげればいいのです。

“ユーザーを行動させる”
には、どうすればいいのか?

ということをいつも考えながら文章を作成していけば、
クリックされない広告を作ることはなくなります。

普段、普通に検索したときに、
思わずクリックしてしまった広告文などがあれば、
その都度メモっておくと、後で役に経ちますよ!

広告文(T&D)を変更する際は、
必ずスプリットテストをするなど、効果検証を忘れないようにしてくださいね!

最後まで読んで頂き、
ありがとうございましたm(__)m

もし、今回の記事がおもしろかったら、
ポチッと押してもらえると嬉しいです(*´Д`)/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術

この記事へのコメント

元・プロのPPC広告コンサルタントがこっそり教える売上を200%上げる秘密の集客術 TOP » yahoo!リスティングver.3関連, リスティング広告について » T&Dのクリック率を上げる為に知っておきたい5つの言葉